本文へスキップします。

社員の想い

私たちはいつも知恵とチカラと勇気をもって
たのしみながら結果をだしている。
みんなの声が、そんな日々を教えてくれる。

情熱をもって

情熱をもって

  • お客様も自分もしあわせな気分になれる提案を。
  • 時間も手間も惜しまない。
  • お客様に分かりやすく、使いやすく、便利なものをつくれるよう取り組んでいる。
  • お客様に役立ち、よろこんでいただけたらと思いながら仕事しています。
  • お客様と良い関係を築けるよう努力は惜しまない。
  • 仕事っぷりを見ていただき、また依頼していただく。
  • 息子に自慢できる仕事をする。
  • お客様に「良くなった」と言っていただける仕事を。
  • つくり手の思いが見える、ものづくりを!
  • 過程の苦労と楽しみ、成し遂げたときの小さなよろこび。そのために頑張る。
  • 古き良きものを尊重。
  • お客様に笑顔を早く届けたい。
  • 日々、自分にできる事を全力で!
  • 常に挑戦!常に最高品質をめざす!
  • ITスキルや戦略知識の向上。お客様のことをもっと深く知る。
  • お客様以上にお客様のことを考える。
  • 環境は絶え間なく変化。失敗を恐れず、自ら進化し、お客様により良いサービスを提供し続ける。
  • 誠実な仕事で信頼を得る。
  • 今よりもさらに皆が笑顔で明るく元気に。
  • すべてはお客様の笑顔のために。
  • 失敗も自分の糧に。
  • 良い既成事実をつくり、これこそがスタンダードだと証明していく。
  • 強みは何か?どんな誇りを持っているか?自分に問おう。
  • お客様によい提案ができるSEになりたい。

チーム力をもって

チーム力をもって

  • 最高のチームづくりが最高の仕事。
  • チーム全員で達成感、充実感を味わいたい。
  • 熱い想いをもつ仲間がいる。
  • お客様やチームの役に立ち、”ありがとう”と言っていただける仕事をしていきたい。
  • お客様とのコミュニケーションを高め、本当に望まれているシステムをつくれるSEに。
  • お客様とともに闘う相棒で。
  • フォローし合い、何でも言い合える環境づくり。
  • 飲み会での絆づくり。

エンジニアライフを豊かに

エンジニアライフを豊かに

  • 仕事は自分磨き。人生を豊かにしてくれる。
  • 職人になりたい!なろう!!
  • 今日も一歩、未来へ進もう。
  • 一年目はわからないことばかり。やりがいが持てるようになってからは毎日が充実。
  • いかに今日を活きるか。ボー、ダラダラ、無意味にすごすはダメ!
  • 時間内、期間内に仕事を終わらせる。おいしいものを飲み食べに。これこそがモチベーション。
  • 仕事はバリバリ!宴会はブイブイ!
  • すべては週末にうまいビールを飲むため。
  • 楽しみは10時と15時のコーヒータイム。ドリップしています。
  • 月一でのフットサル。参加できるようスケジュール管理を怠らない。
  • 毎年スキーに。体調とお金の管理をしっかり。

知恵をもって

知恵をもって

  • より豊かに、より安全に。進歩を加速させていくIT技術。さらに普及させたい。
  • 他社に負けない技術力で、顧客満足度の高いものづくりを。
  • 確かな知識と揺るぎない技術でつくるNIDブランド。つねに新しい技術を身につけたい。
  • お客様以上のITスキルを持つ。
  • 様々なスキルを持った人材になる。
  • 自分の成長のために。
  • 日々勉強、日々改善。
  • 携わったものが世に出る責任感とやりがい。
  • 技術を高め、自分を磨いていきたい。
  • 言葉を知り、使いこなす技術はすごい武器。辞書はもちろん関わるすべての人が先生。
    言葉を磨く努力を続けたい。
  • 通勤時間は勉強タイム。
  • 分からないこと、そのままにしない。
  • 個々がつねに最新技術を積極的に身につける。日々、成長していこうとする。それがNIDの強み。
  • 新しいものを受け入れる、多様性。

社会のしあわせをめざして

社会のしあわせをめざして

  • 土台を支えるITがあるから、今の社会がある。
  • 世に出て恥ずかしくないもの、自分が使いたいものをつくる。
  • 携わったものが世に出る。使ってもらっている。楽しくなる。
  • 確かな知識と揺るぎない技術で、新たな価値を創出。
  • お客様といっしょにNIDのITスキルで社会を良くしたい。
  • 知らない世界を見てみたい。
  • 社会に貢献するためにお客様を支え続ける。より良い未来をお客様といっしょに創る。
  • お客様に安心して利用していただけるよう、培ったノウハウ、知見。
  • 実績をもとに創意工夫でITを動かし続ける。

みんなの想いはいろいろだ
でもそんな私たちの願いはただひとつ
「人が真ん中のしあわせな社会を創ること」
だから なるほど
社会のしあわせをめざして画像
できるわけある