NIDの仕事:社員紹介

エンベデッドソリューション事業部S.I.工学院大学
工学部 機械システム工学科 卒
1999年入社

WORK STYLE 時代の要求に応える高い技術力、
それを支える地道な努力
子どものころからモノを作るのが好きだった私は、大学に進んだときからエンジニア志望でした。就職でエヌアイデイを選んだのも、その志向の延長線です。この会社は、きわめてレベルの高いシステム開発(たとえば宇宙ステーションや通信分野に関するもの)に取り組んでおり、自分もその高度な技術力を身に付けて仕事をしたいと思いました。これまで仕事をしてきて実感するのは、ITの分野にはスピードも重要だということ。技術はつねに進化し、お客様のニーズも多彩に変化します。それに応えるためには、毎日の地道な努力が欠かせません。
WORK STYLE プロジェクトの全員で高い壁も乗り越える
現在の私は、複数プロジェクトのマネジメントを行う立場です。当部署は8社のお客様とお付き合いの中、大小合わせ常時30~50ものプロジェクトが走っています。各プロジェクトにはそれぞれリーダーがいて采配を振っています。私の役割は、各プロジェクトの状況を確認し、必要があれば支援し、プロジェクトを成就することです。ときに不測の事態が発生し、解決困難な場合もあります。しかし、どんな状況でもプロジェクトリーダーやメンバー、お客様と協力して最後まであきらめずにやり遂げます。その達成感は何とも言えません。
WORK STYLE 広がるモノ作りの輪、多くの人との信頼関係
入社するときに抱いていたモノ作りへの思いは今も変わっていません。良いモノを作り、社会や人の役に立つことが、自分の使命だと思っています。エヌアイデイが直接に手がけるシステムだけではなく、そのシステムを用いてお客様が実現する製品やサービスも含めて、自分が関わるモノ作りなのです。今後ともエヌアイデイは4つの基盤事業を大切にし、さらにオープンイノベーションとして新たな事業に挑戦していくことでしょう。その事業展開の中で、私もより多くの人と一緒に仕事をして、まわりから信頼される人になりたいと思います。
CAREER STEP
1999年・・・入社。インターネットサービスプロバイダのブラウザのプラグイン開発に携わる
2000年・・・拡大印刷の技術を持つ会社のサービス展開のためのプリントサービスを行なうための
コンテンツ集配信サーバーシステムのプロジェクト発足のメンバーとして携わる
2002年・・・大手ベンダが手掛ける生保の団体保険向け支援システム開発のプロジェクトに参画。
請求業務システムのリーダーを努める
2008年・・・工業計画・プロセス制御専業メーカーの工場エネルギー操業支援システム開発参画。
システム設定機能のリーダーを努める
2010年・・・医療機器メーカーの生体情報モニタの波形、バイタルデータを長期間保存する
総合型モニタ管理システムの開発に参画
2012年・・・部署の複数プロジェクトのマネージメントを努める
INDEXへ戻る